さいとう・たかをについて / INTRODUCTION

プロフィール

PROFILE

さいとう・たかを 近影

1936年堺市出身、堺市立福泉小学校・中学校卒。中学校卒業後、実家の理髪店で働きながら漫画を描き始め、1955年に『空気男爵』でデビュー。その後、劇画という新ジャンルを確立し、分業制を取り入れるなど漫画界に革新をもたらした。
連載50周年超、単行本発行巻数世界一を達成した『ゴルゴ13』や、『鬼平犯科帳』『サバイバル』『バロム・1』など著作多数。2003年に紫綬褒章、2010年に旭日小綬章を受章。2012年から堺名誉大使
2021年9月24日没 (享年84)

さいとう・プロダクション
からのメッセージ

MESSAGE

さいとう先生が天国に旅立たれてから、早いもので一年が経ちました。
日を追うごとに先生の作品創りに対する信念と厳しさを感じております。
先生が育ててくれた現在のスタッフはチームワーク抜群です。
束になっても先生にはかないませんが、ワンチームで先生の創り上げた作品群を守って行きたいと思っております。
先生ご自身が育った堺にて、再びこの様な展覧会を開催して頂き、スタッフ一同感謝申し上げます。

さいとう・プロダクション スタッフ一同

さいとう・たかをと堺の関係

RELATION

さいとう・たかをは幼少期から中学3年生までを堺市で過ごした。
本人曰く、“とんでもないワル”だったという。ここでは、その頃の思い出や今も続く同級生との交流など、
堺市でのエピソードをご紹介する。

いてまえ武尊【 自伝的劇画】

いてまえ武尊【 自伝的劇画】

小学校に入り、堺に転居してきたさいとう・たかをは、いじめっ子を倒したことをきっかけに悪ガキ大将に。この「いてまえ武尊」は堺で過ごしたさいとうの自伝的劇画である。絵を描く真っ白い紙を手に入れるため、危険を冒してまで米軍基地に忍び込んだエピソードは嘘のようで本当の話である。

福泉中学校【 恩師との出会い】

福泉中学校【 恩師との出会い】

中学時代に恩師「東郷先生」と出会う。
「白紙で出すのは君の意思だからかまわない。しかし、答案用紙を提出するのは君の義務だから、その証明として名前を書け。」
人間の約束と責任について考えさせられることになったその言葉はさいとうの心に深く刻まれた。ゴルゴ13の主人公「デューク東郷」はこの恩師から名付けられたのである。

鶴田池【絵の師匠との出会い】

鶴田池【絵の師匠との出会い】

遊び場だった鶴田池のほとりで、絵の師匠と出会う。師匠に言われた言葉は、さいとう・たかをの劇画家としての人生に大きな影響を与える。「線を引くときに、人肌の線、鉄みたいな線、そういうことを考えながら引け。」線ひとつで多彩な表現ができるというその教えはさいとうを支え続けた。

山田温泉【2作目の単行本のモデル】

山田温泉【2作目の単行本のモデル】

当時さいとう・たかをが住んでいたあたりには山田温泉という割烹旅館があった。裕福な人しか訪れることができない高級な場所だったという。ここは、さいとう2作目の単行本である「幽霊館」のモデルになった。残念ながら今は取り壊され、源泉のみが残っている。

ゴリラ古巣に行く

ゴリラ古巣に行く

1960年、さいとう・たかをが故郷のまちに訪れた様子を描き下ろしたもの。
同級生とのエピソードや恩師東郷先生の写真などが掲載されている。
※「さいとう・たかを劇画マガジン」(昭和35年刊)に掲載されたと思われる企画ページ

日本料理 大金樓

日本料理 大金樓

以前は年に数回堺市に帰り、小学校の同級生と会っていたというさいとう・たかを。ここ、大金樓は同窓会でよく使う場所の1つ。店内にはサインが飾られている。

作品案内

WORKS

ゴルゴ13

ゴルゴ13

国籍・年齢・本名すべてが不明の超A級スナイパー!
1968年11月(1969年1月号)から『ビッグコミック』
(小学館)で連載開始。連載50年を超えた現在も好評連載中。

鬼平犯科帳

鬼平犯科帳

火付盗賊改方・御頭(長官)長谷川平蔵。人は“鬼平”と呼ぶ!『コミック乱(リイド社)』にて大好評連載中。原作・原案:池波正太郎/画:さいとう・たかを/脚色:久保田千太郎(1~40巻)、大原久澄(40巻~53巻)、大原久澄、守山カオリ(53巻〜56巻)、大原久澄、守山カオリ、植田真太郎、和泉悠紀(57巻〜58巻)、大原久澄、守山カオリ、植田真太郎(59巻~)

サバイバル

サバイバル

大地震で、文明がもろくも崩れ去った中で、サトル少年のサバイバルが始まった。ただ一人、荒野をさすらうその行く手に待ち受けているのは生か死か…。過酷な少年の運命を通して、文明を失った現代人の理性と本能を描いていく。1976~1978年・1999年 『少年サンデー』(小学館)に掲載。

バロム・1

バロム・1

ほんとうの勇気とは何か?健太郎と猛のいきづまる対決から、この物語は始まる…勇気と冒険の宇宙超人劇画!1970年
『ぼくらマガジン』(講談社)に掲載。

ゴルゴ13
鬼平犯科帳
サバイバル
バロム・1
さいとう・たかを作品1

ブレイクダウン

さいとう・たかを作品2

CHO八戒

さいとう・たかを作品3

いてまえ武尊

さいとう・たかを作品4

デビルキング

さいとう・たかを作品5

仕掛人 藤枝梅安

さいとう・たかを作品6

ホーキング

さいとう・たかを作品7

影狩り

さいとう・たかを作品8

雲盗り暫平

さいとう・たかを作品9

無用ノ介

さいとう・たかを作品10

怪盗 シュガー

さいとう・たかを作品11

台風五郎